×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お問い合わせ
世界の紙・板紙の需要・供給は中国のトッブ続く

 北米と欧州の長引く需要低迷にもかかわらず、2013年の世界の紙・板紙生産量は前年を0・8%上回って4億0300万トンと史上最高レベルに達した。世界的にグラフィック紙の生産が減少する中、家庭紙と包材の好調な伸びか、そのマイナス分を埋めて余りある結果となった。
 特に中国は、米国を上回って過去5年以上にわたり紙・板紙の需要、生産の両面で世界首位の座に居続けている。紙・板紙の世界需要の25%、世界生産の26%を中国が占めるという驚異的な割合を示している。
 しかし、パルプの生産で見れば、引き続き米国が2013年度で約4900万トンの生産量で世界一。第2位はカナダの約1700万トンだが、中国は約20万トン差でカナダに肉薄している。

                               (紙之新聞


トップページに戻る