×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お問い合わせ
紙業会館、定時総会を開催して全役員の再任決める

 愛媛県四国中央市の製紙、紙商、紙加工業者で組織する且業会館の第59回定時総会と懇親会が11月27日、ホテルグランフォーレで行われ、提出議案すべてが承認された。また、任期満了に伴う役員再選があり、井上治郎代表取締役(福助工業社長)ら全役員が再任された。
 井上代表は挨拶の中で消費増税や衆議院の解散総選挙、日銀金融緩和に触れ、「円安がどんどん進むのは輸出企業には歓迎されることだが、一般の国内企業には大変厳しい状況。追加の金融緩和や原油価格急落が来年どのように影響するのか。1月7日の紙初市には盛大に商いができるよう景気の良い方向につながってほしい」と述べた。

                               (紙之新聞


トップページに戻る