×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お問い合わせ
印青連、来年1月に東京でイベント「印刷実験室」を開催

 印刷産業青年連絡協議会(印青連、茂木徳久会長)は来年1月24日、東京都千代田区の科学技術館で印青連イベント「印刷実験室」を開催する。これに先だって、12月2日午後6時から、東京都文京区の文京シビックセンターで記者会見を行った。
 主催者挨拶で茂木会長は、「私たち印青連では、2年に1度、イベントを開催しているが、これまで一度も企業や団体などから補助を受けたことはなく、すべて手弁当で活動してきた。そういった意味で、どこからの影響も受けず、私たちの自由な発想でイベントが行える。今回も約1年にわたって皆でアイデアを出し合い、これまでとは一風変わった、ユニークなイベントを開催することとなった」と述べた。
 続いて、印青連ネットワーク委員の竹岡慎一委員長が、「今回のイベントは、いつも仕事で慣れ親しんでいる印刷を、違う観点から見たり、考えたり、試してみることがテーマ。印刷に対する常識や固定観念を捨てて実験する、あるいは挑戦することで印刷の新たな可能性を追求し、来場された印刷関係者の皆さんに楽しんでもらえるイベントにしたい」と抱負を述べた。

                               (紙之新聞


トップページに戻る