×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お問い合わせ
10月印刷用紙、生産・払出は7ヵ月連続減も総在庫減少

 10月の上級紙・塗工紙・微塗工紙のメーカー総生産量は54万3857トン(前年同月比(12・5%減)、国内総払出量は54万1773トン(同6・6%減)で、いずれも7ヵ月連続減少した。
 一方、代理店国内総販売量は54万2729トン(同6・8%減)で7ヵ月連続減少した。その結果、メー力ー・代理店の総在庫量は97万8988トン(同0・8%減)で6ヵ月ぶりに100万トンを割った。在庫率は180・4%となり、2ヵ月連続200%台を割った。前月より14・7ポイント下降し7万0811トン減少した。
 上級紙の生産量は18万7711トン(前年同月比2・2%減)、国内払出量は17万6116トン(同1・4%減)で、生産は4ヵ月連続減少し、払出は7ヵ月連続減少した。
 一方、代理店の国内販売量は18万0114トン(同4・3%減)となり、前月の増加から再び減少に転じた。その結果、メーカー・代理店の総在庫量は35万5530トンで在庫率は197・4%となった。前月より2・0ポイント上昇したが731トン減少した。
                               (紙之新聞


トップページに戻る