×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お問い合わせ
チノーが在セネガル日本大使館に体温測定器を寄贈

 紙などの計測制御機器製造・販売のチノー(東京都板橋区、苅谷嵩夫社長)はこのほど、西アフリカを中心に深刻化しているエボラ出血熱の感染拡大防止に貢献するため、発熱者検知用の体表面温度チェッカTP−Uシリーズ2セットを、在セネガル日本国大使館へ寄贈、11月19日から使用を開始した。
 在セネガル大使館ではTP−Uシリーズを正面入口と社員通用口に設直し、来館者の発熱状態の確認により感染の恐れがある来館者のチェックを行っている。
 なお、体表面温度チェッカTP−Uシリーズは、@2000画素の熱画像センサを搭載、A簡単な初期設定で設置後すぐに使用でき、測定も簡単、B約3秒で素速く顔表面温度を測定できる、C装置に触れずに測定できるので衛生的などの特徴がある。

                               (紙之新聞


トップページに戻る